東京で家賃が安いのははどこ?おすすめエリアを紹介します

8/23/2021 最終更新

東京は家賃が高いので、部屋探しで困っている方も多いと思います。この記事では、東京で家賃の安いおすすめエリアを、23区内と23区外に分けて紹介します。

東京の家賃は高い?

日本に来て東京で部屋を探す時に、家賃が高くて驚いた方も多いかもしれません。東京の家賃の平均は約19万円で、2位の神奈川の約11万円を大きく引き離し、ダントツの高さとなっています。

ただし、東京でもエリアによって家賃の安いところもあるので、東京で部屋探しする際は安いエリアを知っておくことが重要になります。

23区内で家賃が安いエリア

大手不動産情報サイト「LIFULL HOME’S」の情報を参考に、東京23区内で、1R・1K・1DKの平均家賃が安い区ベスト5を紹介します。

1位:江戸川区(67,500円)

東京23区内で、最も平均家賃が安いのは江戸川区で、67,500円となっています。江戸川区は東京23区の東側にあり、公園が多く緑が豊かなエリアです。犯罪発生率は23区の中で真ん中くらいで、治安もまずまずといったところです。

2位:足立区(67,700円)

23区内で2番目に家賃が安いのは足立区で、平均家賃は67,700円となっています。足立区は東京23区の北東部にあり、下町情緒のあるアットホームな雰囲気が魅力です。

足立区は治安が悪いイメージがありますが、現在の犯罪発生率は23区で真ん中程度まで回復しています。

葛飾区(68,200円)

23区内で3番目に家賃が安いのは葛飾区で、平均家賃は68,200円となっています。葛飾区は23区の北東部にあり、足立区や江戸川区と隣り合っています。下町情緒があふれていて、物価が比較的安いことなどが魅力です。

成田空港へアクセスしやすいのも、外国人の方にとってはうれしい点だといえます。

練馬区(72,500円)

23区内で4番目に家賃が安いのは練馬区で、平均家賃は72,500円となっています。練馬区は東京23区の北西部にあり、池袋などにアクセスしやすいのがメリットです。

練馬区は埼玉県に近いので、職場は埼玉だけど都内に住みたいという方にもおすすめできます。

板橋区(78,400円)

23区内で5番目に家賃が安いのは板橋区で、平均家賃は78,400円となっています。東京23区の北部にあり、埼玉県に隣接しています。物価が比較的安くて交通の便もよく、適度に自然が残っていて住みやすいエリアです。

23区外で家賃が安いエリア

東京は23区内だとどうしても家賃が高くなるので、安さにこだわりたいなら23区外に住むのもおすすめです。ここでは東京23区外で家賃の安いエリアベスト5を紹介します。

1位:あきる野市(41,500円)

東京23区外で最も家賃が安いのはあきる野市で、平均家賃は41,500円となっています。あきる野市は東京の西部にあり、人口8万人程度ののどかな町です。

秋山渓谷を始めとする豊かな自然が魅力で、都心へは電車で1時間前後でアクセスできます。

2位:羽村市(45,700円)

東京23区外で家賃が安いエリア第2位は羽村市で、平均家賃は45,700円となっています。羽村市は東京の西部にある小さな町で、自然豊かで住みやすいエリアです。都心へのアクセスは新宿まで電車で最短45分で、通勤はやや大変ですが一応可能です。

3位:福生市(45,800円)

東京23区外で家賃が安いエリア第3位は福生(ふっさ)市で、平均家賃は45,800円となっています。福生市は東京の西部に位置する人口約6万人の小さな町で、都心からは40kmくらい離れています。

横田基地があるためアメリカ人が多く住んでおり、アメリカ人の方には住みやすい場所かもしれません。

4位:東村山市(48,100円)

東京23区外で家賃が安いエリア第4位は東村山市で、平均家賃は48,100円となっています。東村山市は東京の北部に位置し、人口は約15万人です。

高田馬場まで電車で最短21分で行けるのが魅力で、池袋・渋谷・横浜などへもアクセスしやすいです。

5位:八王子市(50,600円)

東京23区外で家賃が安いエリア第5位は八王子市で、平均家賃は50,600円となっています。東京の西部に位置し、人口は約60万人です。

都心へのアクセスは電車で1時間程度かかりますが、八王子自体がかなり栄えているので、ショッピングやレジャーを市内で楽しめるのが魅力です。

シェアハウスやソーシャルアパートメントもおすすめ

東京にはシェアハウスやソーシャルアパートメントもたくさんあるので、家賃を安くすませたいならこういった物件を選ぶのもおすすめです。

シェアハウスとは

シェアハウスとは、キッチンや風呂・トイレなどを複数人で共同で使うことで、家賃を安く抑える部屋のことです。個室があるタイプが多いので、プライベートもある程度保つことができます。

ソーシャルアパートメントとは

ソーシャルアパートメントとは、ジムやラウンジなどの共有スペースがあり、住人同士で交流できるアパート・マンションのことです。

部屋をシェアするわけではないので家賃はあまり安くなりませんが、外国人の多いソーシャルアパートメントなら母国語が通じる人と交流できるメリットがあります。

東京にも家賃の安い部屋はある

東京は日本で最も家賃が高いエリアですが、場所によっては安いエリアもあります。特に、江戸川や葛飾などの下町や、八王子などの東京西部は安いエリアが多いのでおすすめです。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事