いってこいの正しい意味を解説。「行ってきなさい」とは違う?

6/10/2021最終更新

「いってこい」は「行ってきなさい」という意味もありますが、他の意味もあるので注意が必要です。この記事では、「いってこい」の正しい意味と使い方を解説します。

いってこいの意味

「いってこい」という言葉には、2つの全くちがう意味があります。ビジネスで日本人と話す時は、この2つを聞き分けることが大切です。

行ってきなさい

「いってこい」を漢字で「行って来い」と書くと、「行って来る」の命令形となり、「行ってきなさい」という意味になります。こちらの意味は外国人の方でも分かりやすいと思います。

差し引きゼロ・プラスマイナスゼロ

「いってこい」には「行ってきなさい」という意味以外にも、「差し引きゼロ」「プラスマイナスゼロ」という意味があります。一旦はプラスになったけれど、その後マイナスになって戻ってきたというニュアンスです。

いってこいの例文・使い方

「いってこい」という言葉が実際どのように使われるのか、例文・使い方をみてみましょう。

「すぐに現場へ行ってこい」

こちらの例文は、「行ってきなさい」という意味で「いってこい」を使ったものです。相手はあなたに「行ってきなさい」と命令しているので、あなたはすぐに現場へ行かなければなりません。

「昨日は僕がおごってもらったけど、今日はおごったので結局いってこいだ。」

こちらは「差し引きゼロ」「プラスマイナスゼロ」の意味で「いってこい」を使った例文です。昨日はおごってもらってお金を得したけど、今日はおごって損したので、得も損もしていないという意味です。

いってこいと意味が似ている言葉

「いってこい」は「差し引きゼロ」「プラスマイナスゼロ」という意味で使う時、似た意味の他の言葉で言いかえることができます。

チャラ

「チャラ」は「差し引きゼロ」「無かったことにする」という意味で、「いってこい」と似た使い方ができる言葉です。「借金をチャラにする」のように使います。

遊び人に対して使う「チャラい」とは別な言葉なので注意しましょう。

トントン

「トントン」とは、「ちょうど同じくらい」「あまり違わない」という意味の言葉で、「いってこい」と似た使い方ができます。「昨日はおごってもらったけど、今日はおごったので結局トントンだ。」のように使います。

ドアをノックしたり肩をたたいたりする音ををあらわす「トントン」とは違う言葉なので注意しましょう。

相殺(そうさい)

「相殺」は「2つのものをお互い差し引いて打ち消す」という意味で、これも「いってこい」と似た使い方ができます。

いってこいを英語で言うと?

「いってこい」を英語で言いたい時、どう言えばいいのでしょうか?ここでは「いってこい」のいくつかの英語表現を紹介します。

Go

「行ってきなさい」の意味で「いってこい」を使う時は、「行く」の命令形で「Go」と言えば同じ意味になります。

“come out even” または “break even”

「差し引きゼロ」「プラスマイナスゼロ」のほうの「いってこい」を英語にするなら、「come out even」「break even」などと言えばよいでしょう。

offset

「offset」は「打ち消す」「相殺する」という意味なので「いってこい」と似ています。ただし、offsetは専門的な話やむずかしい話で使うのに対して、「いってこい」は簡単な会話で使うことが多いです。

まとめ

「いってこい」には「いってきなさい」という意味だけでなく、「差し引きゼロ」「プラスマイナスゼロ」という意味があります。ビジネスで日本人が「いってこい」と言った時は、どちらの意味か考えるようにしましょう。

For Job Seekers

Would you like to receive free interview practice and resume correction by a native Japanese speaker? Join the Facebook group.

Join group