ビジネス用語の「ドラフト」の意味を解説。生ビールとは違う?

8/2/2021 最終更新

「ドラフト」という言葉にはビールや野球用語などいろいろな意味があるので、ビジネス用語での意味と使い方をしっておくことが大切です。この記事では、ビジネス用語の「ドラフト」の意味と使い方、類語や英語での言いかえを解説します。

ビジネス用語の「ドラフト」の意味は?

「ドラフト」というと野球の「ドラフト会議」やお酒の「ドラフトビール」を思い浮かべるかもしれませんが、ビジネス用語の「ドラフト」は意味がまったくちがいます。

ビジネス用語の「ドラフト」は、「下書き」という意味です。まだ完成はしていないけれど、おおまかに作ってみた資料や契約書などにつかいます。

「ドラフト」の例文と使い方

では次に、ビジネスで「ドラフト」をどのようにつかえばいいか、例文と使い方をみていきましょう。

「来週までに契約書のドラフトを作ってください」

この例文は、「来週までに契約書を大まかに作ってください」という意味になります。「完成させる必要はありません」というニュアンスがあるのがポイントです。

「この資料はドラフト版なので、後で変更する場合があります」

この例文は、「この資料はまだ完成していないので、後で変更する場合があります」という意味です。「完成版ではないバージョン」のことを「ドラフト版」と表現しています。

「ドラフト」の類語(るいご)

日本語には「ドラフト」に似た言葉があるので、これもおぼえておくと会話がより上手になるでしょう。

「下書き」

「ドラフト」は英語の”draft”をカタカナにした言葉ですが、日本語では「下書き」がほぼ同じ意味になります。

「草案(そうあん)」「草稿(そうこう)」

「草案」「草稿」はややむずかしい言葉ですが、これらは「下書きの文章」という意味なので、「ドラフト」の類語としてつかえます。

「草」は植物のことですが、成長した「木」になる前であることから、完成していない下書きを意味するようになったそうです。

「ドラフト」を英語で言うと?

「ドラフト」はもともと英語の言葉なので、もちろん英語で言いかえることができます。日本でビジネスをしていて英語をつかうこともあるでしょうから、英語での言いかえも知っておくとべんりです。

“draft”

「ドラフト」はそもそも英語の”draft”をカタカナにしたものですから、英語で言うときはそのまま”draft”をつかえばOKです。

“outline”

“outline”は「大まかな内容」という意味なので、「ドラフト」の言いかえとして使えます。日本語でもカタカナで「アウトライン」と言うこともあります。

まとめ

「ドラフト」は「下書き」という意味で、まだ完成していないが大まかにつくったもののことです。ビジネスで「ドラフト」という言葉が出てきたら、ちゃんと理解できるようにしておきましょう。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事