ビジネス用語の「ペルソナ」の意味は?例文や類語などを解説

7/21/2021 最終更新

ビジネスでマーケティングの話をしていると、「ペルソナ」という言葉がよく出てきます。今回は、ビジネス用語の「ペルソナ」の意味や使い方、例文や類語などを解説します。

「ペルソナ」の意味は?

「ペルソナ」の意味は、一般的な使い方とビジネス用語で意味が違ってきます。この違いを理解して、ビジネスで正しく使えるようにしましょう。

一般的な「ペルソナ」の意味

ビジネス用語ではない一般的な「ペルソナ」には、「演劇の登場人物やその役柄」という意味があります。他にも、心理学で「人格」を意味する専門用語として使われることもあります。

ビジネスの場面では、こちらの意味で「ペルソナ」が使われることはほとんどありません。

ビジネス用語の「ペルソナ」の意味

ビジネスで使われる「ペルソナ」は、「商品を売りたいターゲットの細かいプロフィールや人物像」という意味で使われます。

新商品やサービスを開発する時に、どのような人に売りたいかをはっきりさせる時に使う言葉です。「ターゲット」も似たような意味がありますが、「ペルソナ」は「ターゲット」よりもっと細かくプロフィールを作り込みます。

「ペルソナ」の例文と使い方

ビジネス用語の「ペルソナ」の意味が分かったところで、次は「ペルソナ」を会話でどのように使えばいいか、例文と使い方を見ていきましょう。

「マーケティングではペルソナ設定が大切だ」

「マーケティングではペルソナ設定が大切だ」は、マーケティングでは商品をどのような人に売りたいかはっきりさせることが大切だ、といった意味になります。

「この商品のペルソナ設定は?」

会議などで商品のプレゼンを聞いていて、商品をどのような人に売りたいのか知りたい時は、「この商品のペルソナ設定は?」と聞くとよいでしょう。

「ペルソナ」の類語

次は、「ペルソナ」の類語(るいご)を見ていきましょう。類語とは「似た意味の言葉」のことです。

「ユーザー像」「顧客(こきゃく)像」など

「像(ぞう)」という言葉には、「イメージ」という意味があります。なので、「ユーザー像」「顧客像」と言えば、「ユーザーのイメージ」「顧客のイメージ」となり、「ペルソナ」と似た意味になります。

「ターゲット」

「ターゲット」は「ペルソナ」より人物像を大まかに決める点が違いますが、意味としてはだいたい似ています。

「ペルソナ」を英語で言うと?

ビジネス用語の「ペルソナ」を英語で言うと、”marketing persona” “buyer persona” “customer persona”などになります。どれもだいたい意味は同じなので、好きなものを使えばよいでしょう。

まとめ

「ペルソナ」はビジネスでは、「商品を売りたいターゲットの細かいプロフィールや人物像」という意味で使われます。ビジネス以外の一般的な使い方とは意味が違うので注意しましょう。

Housing Support 🏠

Goandup provides room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Contact us

関連記事