畳の大きさ(tatami mat size)はどれくらい?意味も解説

9/20/2021 最終更新

「畳の大きさはどれくらいの大きさであるの?(how big is a tatami mat?)」

「6畳部屋はどれくらいの広さなのか?」

外国人の方は日本に来て、日本の伝統的な部屋の床である畳について知りたい人は多いのではないでしょうか。特に畳の大きさはどれくらいであるのか、不動産屋から部屋が6畳であると説明されたけどどれくらいの広さなのか分からないと困っている人もいるでしょう。今回は、畳の大きさの畳(jo)の意味や、1畳の寸法をご紹介します。よく言われる6畳の部屋はどれくらいの大きさであるかも解説しますのでご覧ください。

jo(畳)の意味は?

日本では6畳(jo)の和室などといった表現が使われます。畳(jo)は部屋の大きさを言い表す時に使われるもの単位のようなもの。和室の部屋の大きさを表す際はこの単位が使用されますので、覚えておきましょう。

畳は1枚の大きさが決まっています。不動産屋で見ることのできる大きさは、1畳=1.62平米以上と決められています。1平米は、1㎡と同じ意味で使われます。

つまり、1.62平米は、1.62㎡と同じ意味です。

次に1つの部屋に畳が何枚使用されているかが明らかになれば、広さが分かるでしょう。例をあげると、6畳の和室ということであったら、畳を6枚使用して1つの部屋になっているということになります。

では、1畳は具体的にメートル以外の単位で表すとどれくらいの大きさになるのでしょう

か。次の章でご紹介します。

一畳は何フィート?何インチ?

日本では、1畳の大きさは、1.62平米(㎡)です。日本以外の国の単位でもご紹介しますのでご覧ください。フィートやインチでの大きさは以下のようになります。

1.62平米(平方メートル)=17.43753ft²(平方フィート)

1.62平米(平方メートル)= 2511in²(平方インチ)

参考サイト:メートル法変換 https://www.metric-conversions.org/ja/area/square-meters-to-square-inches.htm

「6畳部屋」はどれくらいの大きさ?

では、6畳部屋とはどれくらいの大きさになるのか具体的に知りたいと思うのではないでしょうか。6畳の部屋の大きさは、以下の通りです。

1畳が1.62平方メートル(㎡)なので、6畳は下記のような計算です。

1.62平方メートル(㎡)×6畳=9.72平方メートル(㎡)ということになります。

9.72平方メートルは、インチの場合は15066.03in²、フィートの場合は104.6252ft²になります。

6畳の大きさがどれくらいなのかが分かると、6畳の部屋1つの中に暮らすには、狭いのではないのかと感じる人も多くいるでしょう。6畳の部屋は、日本では一人暮らしで住んでいる方も多くいます。家を探す時に、部屋の大きさについて心配する方は、不動産屋で家を選ぶ際に相談してみてください。また、家の見学などもできますので実際に見て決めると良いでしょう。

6畳部屋で快適に暮らすポイントとは?

実際に6畳の部屋で暮らすことになった際に快適に暮らすことのできるポイントをご紹介します。暮らすには狭いと思われるかもしれませんが、家具選びや配置を工夫すれば快適に暮らせます。さっそく、見ていきましょう。

適切な大きさの家具を選ぶ

また、家具の大きさは様々ですが、必要以上に大きい物は買わないようにしてください。

机やイスなどの大きさは大きすぎず、場所を取られすぎないようにするなど様々な工夫をしてみると良いでしょう。

収納付きの家具を選ぶ

収納付きの家具選びを検討してみしょう。例えば、ベッドを置く場合、ベッド下に様々な物を収納できる機能がついているものを選ぶと良いでしょう。また、収納機能がついていないでも、ベッド下に物を収納できるように高さのあるデザインを選ぶと良いです。

家具の配置を考える

また、畳は、水分や湿気に弱く傷みやすいです。ダニは、日光や乾燥に弱いですから、日光が入りやすく、また、風通しが良くなるように気を付けましょう。ダニを防ぐためには、窓際に物を置かないようにして日光を入りやすくする、風の通り道をつくるなど、家具を置く場所にも注意してみるとなお良いでしょう。

家具の色で選ぶ

家具の色合いを考えるのも、部屋を広く見せるのに役立ちます。白い家具は目のさっかくで部屋を広く見せやすいです。カーテンや家具を白いものにすると、開放感あふれる部屋になるでしょう。日本では初めてのことが多い戸惑うこともあると思いますが、慣れれば過ごしやすく快適な毎日を送れるでしょう。

まとめ

今回ご紹介した記事で、特に覚えておきたいポイントを以下にまとめますのでご覧ください。

  • 部屋の大きさを知る目安は、畳の数である。例えば、6畳の和室は畳が6枚使われていることを示している。
  • 1畳の一般的な大きさは、1.62平方メートルである。
  • 1畳は、17.43753ft²(平方フィート)、2511in²(平方インチ)である。
  • 6畳部屋で快適に暮らすためには、家具選びや配置に注意すると良い。

日本の伝統的な和室は、外国とさまざまな点で異なることがあり、文化の違いにとまどう方も多いでしょう。特に畳は日本人なら誰にでも馴染みのあることなので、知っておくと良いでしょう。今回は、畳の大きさや、フィートやインチで表すとどれくらいの大きさになるのか、また6畳部屋の大きさについてご紹介しました。ぜひ、和室についての知識を知り、日本で快適な毎日をお過ごしください。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事