日本の結婚ビザの仕組みや取得方法、必要書類や申請のポイントを解説!

2022/5/20 最終更新

外国人が日本で結婚生活を送るためには、日本の結婚ビザを取得する必要があります。この記事では、日本の結婚ビザの仕組みや取得方法、必要書類や申請に通るポイントなどを解説します。

結婚ビザとは

結婚ビザ(または配偶者ビザ)とは、外国人が日本で結婚して生活するためのビザのことです。「結婚ビザ」という名前のビザがあるのではなく、結婚に必要ないくつかのビザをまとめた言葉となっています。

具体的には、「日本人の配偶者等ビザ」「永住者の配偶者等ビザ」「家族滞在ビザ」「永住者ビザ」などが、結婚ビザの一種となります。配偶者の国籍などによって、どのビザを取得するかが変わってきます。

日本でのお部屋探しはGTNにご相談を!

GTN不動産バナー

日本でのお部屋探しはぜひGTNにご相談ください。

GTNには以下の特徴があります。

  • 他言語スタッフが在中
  • 海外にいても契約ができる
  • 未成年でも入居相談可能
  • 保証人がいなくても契約可能

この他にもGTNには海外の方のサポートを手厚く用意しています。

サイトも他言語に対応しているので、まだ日本に住む予定がない方もまずはホームページを訪れてみてください。

ホームページはこちらから!

結婚ビザの取得方法

日本の結婚ビザの取得方法は、あなたが海外に住んでいるか、それともすでに日本に住んでいるかで変わってきます。

海外在住の場合

あなたが海外に住んでいて、日本人と結婚して日本に移住する場合は、まず「在留資格認定証明書」を取得する必要があります。在留資格認定証明書は日本で申請するので、日本に住んでいるあなたの配偶者が取得して、それを郵送であなたの国へ送ることになります。

在留資格認定証明書が手に入ったら、それをあなたの国の日本国大使館や総領事館に持っていき、審査を受けてビザを取得します。

ビザを手に入れたら日本に入国し、空港で在留カードをもらいます。そして日本の市役所などで住民登録をすれば、あなたは日本で結婚して生活することができます。

日本在住の場合

あなたがすでに日本に住んでいる場合は、ビザの在留資格を適切なものに変更します。例えば、配偶者が日本人なら「日本人の配偶者等」、配偶者が外国人で永住者なら「永住者の配偶者等ビザ」、配偶者が就労ビザなどの外国人なら「家族滞在ビザ」に変更します。

結婚ビザ取得に必要な書類

結婚ビザの審査に必要な書類は、取得するビザの種類や審査内容によって変わることもあります。しかし、どの場合でも基本的な書類は同じなので、ここではそれを紹介します。

【在留資格認定証明書の申請に必要となる主な書類】

  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 身元保証書
  • 質問書
  • 申立書

【在留資格の変更許可申請に必要となる主な書類(日本人の配偶者等ビザの場合)】

  • 在留資格変更許可申請書
  • 写真(縦4cm×横3cm)
  • 配偶者の戸籍謄本
  • 申請する人の結婚証明書
  • 収入を証明するもの(納税証明書や預貯金通帳の写しなど)
  • 身元保証書
  • 配偶者の住民票
  • 質問書
  • 夫婦で映っている写真
  • パスポート
  • 在留カード

出典:在留資格認定証明書交付申請 https://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/16-1.html

出典:在留資格変更許可申請(日本人の配偶者) https://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/zairyu_henko1.html

日本の結婚ビザの審査のポイント

日本では、日本のビザを手に入れるために夫婦のふりをして嘘の結婚をする「偽装結婚」が多く、これを防ぐために結婚ビザの審査はとても厳しくなっています。よって、日本の結婚ビザの審査に通るためには、自分たちの結婚が偽装結婚でないことを納得してもらえるかがポイントになります。

質問書をきちんと書くことが重要

在留資格認定証明書の申請で提出する「質問書」とは、二人がいつどこで出会ったのか、その後どのように結婚するに至ったのかを書く書類です。質問書は、偽装結婚でないことを証明するための一番重要な書類なので、特にきちんと書くようにしましょう。

文章だけで説明するのではなく、交際していた当時の写真や手紙、国際電話の記録などを提出することもあります。

審査に落ちる可能性があるケース

結婚に至る経緯によっては、偽装結婚でないことを示すのが難しいために、審査に落ちる可能性があるケースもあります。

例えば、SNSで知り合って数回会っただけで結婚するようなケースは、審査に落ちる可能性が高いです。また、結婚相談所などを通して知り合った場合は、偽装結婚でないことをより詳しく説明する必要があります。

他には、夫婦がお互いの母国語を理解できなかったり、スムーズにコミュニケーションできる共通言語がない場合なども、審査が厳しくなる可能性があります。

おすすめの結婚ビザ申請サポート

日本には結婚ビザの取得をサポート・代行するサービスがあるので、これを利用するのもおすすめです。手間が省けるうえに、審査に通るコツを知っている専門家が手続きすることで、自分で手続きするより審査に通る確率が高くなる可能性があります。

勝山兼年行政書士事務所

勝山兼年行政書士事務所は、大阪で結婚ビザの申請サポートを行っている事務所です。手続きは全て専門家が代わりに行ってくれるので、あなたは出入国在留管理局に一度も行くことなく結婚ビザを手に入れることができます。

勝山兼年行政書士事務所を詳しく知りたい方/お問い合わせはこちら!:https://kekkon-visa.net/

外国人在留資格ビザセンター

外国人在留資格ビザセンターは、関東を中心に結婚ビザ申請のサポートを行っている事務所です。もし申請が不許可になっても、再申請で通る見込みがあるなら無料で再申請してもらえます。国際電話やメールでの相談も可能です。

外国人在留資格ビザセンターを詳しく知りたい方/お問い合わせはこちら!:https://jpvisa365.com/

結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポート東京

結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポート東京は、関東や新潟などで結婚ビザの申請サポートを行っています。申請に通るポイントを知っている専門家のサポートが受けられるので、自分で申請して落ちたことがある方も、一度相談してみるとよいでしょう。

結婚ビザ・配偶者ビザ申請サポート東京を詳しく知りたい方/お問い合わせはこちら!:http://visa365japan.com/

まとめ

日本の結婚ビザの申請は、あなたが外国に住んでいるか、それともすでに日本に住んでいるかで手続きが変わってきます。偽装結婚を防ぐために審査が厳しくなっているので、偽装結婚でないことを納得してもらえるかがポイントになります。自分で申請するのが不安な場合は、申請サポートに相談するのがおすすめです。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

We solve your worries in Japan! 🇯🇵

It only takes a one-minute questionnaire to help us find the right service for you!(Rental, Share House, Job, Mobile)

Agree to Privary Policy

関連記事