家族滞在ビザとは?申請方法や必要書類を紹介

2022/4/30 最終更新

「家族滞在ビザってどういう制度なの?」

「家族滞在ビザに該当する人はどんな人なの?」

日本で家族滞在ビザをとるにはどうしたらよいのか分からない人も多いと思います。家族該当ビザに該当する人は限られているので、誰が該当するかはよく確認しておきましょう。

今回は、家族滞在ビザの概要や、日本で家族滞在ビザをとる方法をご紹介します。家族滞在ビザ申請に必要な書類や、家族滞在ビザで働くことはできるのか、家族滞在ビザを就労ビザに変更する方法をご紹介しましょう。

日本でのお部屋探しはGTNにご相談を!

GTN不動産バナー

日本でのお部屋探しはぜひGTNにご相談ください。

GTNには以下の特徴があります。

  • 他言語スタッフが在中
  • 海外にいても契約ができる
  • 未成年でも入居相談可能
  • 保証人がいなくても契約可能

この他にもGTNには海外の方のサポートを手厚く用意しています。

サイトも他言語に対応しているので、まだ日本に住む予定がない方もまずはホームページを訪れてみてください。

ホームページはこちらから!

家族滞在ビザとは?

家族滞在ビザとは、日本国内で、働いている人の家族に付与されるビザのことをさします。(つまり就労者の被扶養者のことをさします。)

働いている人の家族とは、配偶者とその子供のことを言います。就労者の、兄弟や親は該当しませんのでご注意ください。間違えやすいポイントです。

また、扶養者と被扶養者の関係であることを明確にする必要があります。結婚したことが分かる証明や、家族の子供であることを示す証明書が必要となります。

家族滞在ビザ申請に必要な書類

家族滞在ビザ申請に必要な書類は、出入国在留管理庁のホームページにのっていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

出入国在留管理庁のホームページに掲載されていた提出に必要な書類は以下の通りです。たくさんの書類が必要となります。特に写真のサイズが指定されていることや、返信用封筒がいることは忘れやすいポイントでもありますので細かな点にも注意しましょう。

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3 返信用封筒

4 次のいずれかで,申請人と扶養者との身分関係を証する文書

(1) 戸籍謄本 1通

(2) 婚姻届受理証明書 1通

(3) 結婚証明書(写し) 1通

(4) 出生証明書(写し) 1通

(5) 上記(1)~(4)までに準ずる文書 適宜

5 扶養者の在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。)又は旅券の写し 1通

6 扶養者の職業及び収入を証する文書

7 身分を証する文書(身分証明書等) 提示

引用・抜粋:家族滞在 | 出入国在留管理庁 https://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/zairyu_nintei10_19.html

家族滞在ビザの申請方法

申請の場所は、入国管理局でおこなわれます。

詳しくは、入国管理局のホームページをご覧いただき、お問い合わせください。

国内で住んでいる場所により、申請場所が変わる可能性がありますので、公式ホームページを見ていただくことをおすすめします。

また、申請には親や子供がどこにいるかにより、二つの方法がありますのでご覧ください。

  • 在留資格変更許可申請(すでに家族が日本にいる場合)

出入国在留管理庁のホームページによると、申請期間については、「在留資格の変更の事由が生じたときから在留期間満了日以前におこなう」との記載があります。該当日にちを過ぎてしまわないよう十分ご注意ください。

  • 在留資格認定証明書交付申請(海外から日本に家族が来る場合)

出入国在留管理庁のホームページによると、提出時期については、「入国以前に交付を受けることができるように,余裕をもって提出してください」との記載があります。直前になって焦ることがないよう準備しておきましょう。

家族滞在ビザで働くことはできる?

家族滞在ビザを得た方も日本で働くことは可能となります。

資格外活動許可が降りることで働くことができるようになります。しかし、時間には限りがあるので注意してください。

家族滞在ビザで、資格外活動許可を降りた方は、週28時間以内に収めるように決められています。規定時間を過ぎると、さまざまな弊害が起きますので、きちんと守りましょう。

家族滞在ビザを就労ビザに変更する方法

家族滞在ビザを就労ビザに変更するには、一定のビザを取得する必要があります。

代表的なビザは、留学ビザ、高度専門職ビザ、特定ビザの三つです。

例えば、高度専門職ビザを取得したい場合には以下の活動に該当しなければなりません。

高度専門職ビザは以下に該当します。

高度学術研究活動「高度専門職1号(イ)」

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う研究,研究の指導又は教育をする活動

高度専門・技術活動「高度専門職1号(ロ)」

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動

高度経営・管理活動「高度専門職1号(ハ)」

本邦の公私の機関において事業の経営を行い又は管理に従事する活動

引用:在留資格認定証明書交付申請 | 出入国在留管理庁 https://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/16-1.html

まとめ

今回は、家族の滞在ビザについてご紹介をおこないました。

家族滞在ビザとは、日本国内で、働いている人の家族に付与されるビザのことをさしました。働いている人のビザ取得者の配偶者や子供のことをさすのであり、兄弟や親は適用されないことにご注意ください。

また、家族滞在ビザで働くこともできますが、規定時間を必ず守って働くようにしてください。

家族滞在ビザについて知って、日本での生活を楽しんでください。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

We solve your worries in Japan! 🇯🇵

It only takes a one-minute questionnaire to help us find the right service for you!(Rental, Share House, Job, Mobile)

Agree to Privary Policy

関連記事