日本で一番安いSIMカードを使いたい!おすすめのSIMカードをご紹介

2022/2/20 最終更新

いまや携帯端末(スマホ)は日常生活に欠かせないアイテムのひとつです。翻訳機能や地図アプリなどを使うことで日本での生活がより快適になるでしょう。

しかし海外から来たばかりで日本語がよくわからない外国人の方にとって、大手の携帯電話会社と契約するのは簡単なことではありません。

そこでおすすめなのが格安SIMカードの利用です。今回は日本のSIMカードについて詳しくご紹介します。日本のSIMカードの種類や、外国人の方におすすめの格安SIMカードをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

モバイルの契約は他言語サポート付きのGTNモバイルがおすすめ!

GTNモバイルバナー

日本の格安SIMカードとは?

日本の格安SIMカードにはさまざまな種類があります。

まず日本の格安SIMカードについて知っておくと安心です。

MVNOとは?

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、大手携帯電話会社(MNO)のドコモやau、ソフトバンクから通信回線を借り受けて格安SIMカードを提供している事業者のことです。

MVNOのSIMカードは豊富なプランやサービスがあり、プランによってはMNOよりも月額料金が安く、また最低利用期間が短めに設定されていて使いやすいといったメリットがあります。

日本のSIMカードの種類

日本のSIMカードは大きく次の3種類に分けることができます。必要な機能がついているタイプを選ぶようにしましょう。

  • データ通信専用SIMカード
  • SMS機能つきSIMカード
  • 音声通話機能つきSIMカード

データ通信専用SIMカード

データ通信専用SIMカードは、音声通話機能とSMS機能がなくインターネット通信のみが可能なSIMカードです。通話やSMS機能を利用せず、Wifi環境ではないところでインターネット通信を行いたい方に向いています。

SMS機能つきSIMカード

SMS機能つきSIMカードは、インターネット通信が可能でSMS機能がついているSIMカードです。LINEなどのアプリ認証にSMS機能を使いたい方はこのタイプが向いています。

音声通話機能つきSIMカード

音声通話機能つきSIMカードは、音声通話もインターネット通信もできて、SMS機能もついているSIMカードです。090・080・070で始まる電話番号の引継ぎが可能なので、今までと同じようにスマホを使いたい方はこのタイプを選ぶとよいでしょう。

SIMカードのサイズは3種類

日本のSIMカードのサイズは次の3種類です。

  • 標準SIM
  • Micro SIM
  • Nano-SIM

携帯端末によって対応するSIMカードのサイズが異なることを覚えておきましょう。

標準SIM

標準SIMのサイズは縦25ミリ×横15ミリです。現在使用されているSIMカードの中で一番大きなサイズで、比較的古い機種に使われています。

Micro SIM

Micro SIMのサイズは縦15ミリ×横12ミリです。iphone4やiphone4sなどの携帯端末に使われていますが、近年では需要が減少傾向にあります。

Nano-SIM

Nano-SIMのサイズは縦12.3ミリ×横8.8ミリです。iphone5、iphone6、iphone7など多くの携帯端末に採用されており、現在の主流といえます。

おすすめの日本の格安SIMカード5つ

外国人の方におすすめの日本の格安SIMカード5つをご紹介します。

  • Mobal
  • IIJmio
  • JP SMART SIM
  • 楽天モバイル
  • LINEMO

Mobal

Mobalはソフトバンクと提携している格安SIMカードで、めんどうな書類の記入や居住ビザの提示が必要ないことから外国人の方に人気があります。

日本に滞在する期間が90日以上のプランと90日未満のプランがあるため、滞在期間に合わせて選べるのも魅力のひとつです。

また公式サイトが提供するカスタマーサービスは英語対応可能なので、日本語に慣れていない方でも安心して使うことができます。

参考 https://www.mobal.com/

IIJmio

IIJmioは格安SIMのほか最新スマホも扱っている信頼性の高いインターネットサービスです。

30日間プランは契約することなく利用することができるため、短期滞在の方にも人気があります。

使い切れなかったデータ量を翌月に繰り越したり、不足したら追加したりすることも可能です。

公式サイトには英語での説明も記載してあるので使いやすいといえるでしょう。

参考 https://www.iijmio.jp/hdd/visitors/en/miofone.html

JP SMART SIM

JP SMART SIMはドコモと提携している格安SIMカードでCALL+DATA SIMとDATA SIMがあり、外国人の方からも好評です。

在留カードかパスポートがあればインターネットで申し込めて、コンビニでの支払いもできます。最低契約期間がなく、英語や中国語でのカスタマーサポートもあるので安心して利用できますよ。

またキャンペーンにより各プランのデータ量が2倍になるのも要チェックです。

参考 https://jpsmart.net/ja/pages/call-sim

楽天モバイル

楽天モバイルの格安SIMカードは日本で非常に人気があります。

Rakuten UN-LIMIT VIプランであれば1GBまで無料、20GB超過後は2,980円で使うことが可能です。

楽天モバイルとの新規契約をする場合は在留カードなどが必要となるので覚えておくとよいでしょう。

参考 https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

LINEMO

LINEMOはソフトバンクの回線をそのまま利用している、高速通信可能な格安SIMカードです。

在留カードや特別永住者証明書があればオンラインで申し込むことができます。

LINEアプリを使った音声通話は無料となるため、LINEをよく使う外国人の方に向いているといえるでしょう。

参考 https://www.linemo.jp/lp/001/?utm_source=at&utm_medium=affiliate&utm_campaign=seoat&atnct=linemo_0100ojml000lea-ee8f7b8f99e24b9e8138bdde9e3e9109

日本の格安SIMカード一覧表

SIMカードSIMカードの種類プラン月額料金初期費用
Mobal音声通話機能付き1GBプラン5GBプラン10GBプラン30GBプラン1,480円2,980円3,280円4,380円3,000円(カード本体料金)
IIJmio音声通話機能つきタイプD2GBプラン4GBプラン8GBプラン15GBプラン20GBプラン 858円1,078円1,518円1,848円2,068円3,000円(パッケージ価格)+394円(カード発行手数料)
JP SMART SIMデータ通信専用 3GBプラン6GBプラン12GBプラン20GBプラン1,980円2,780円3,980円5,480円3,000円(契約事務手数料)
楽天モバイルデータ通信専用 Rakuten UN-LIMIT VI(1回線目)0GB~1GB1GB~3GB3GB~20GB20GB~無制限  無料980円1,980円2,980円無料
LINEMOデータ通信専用ミニプラン(3GB)スマホプラン(20GB)900円2,480円無料

日本のSIMカードを使うときの注意点

日本のSIMカードを使うには次の点に注意が必要です。

端末の対応SIMカードのサイズを確認する

お手持ちの携帯端末に、利用したいSIMカードのサイズが合うか確認しましょう。利用したいSIMカードがどのサイズにもできるマルチSIMであれば、最適なサイズに合わせてもらうことも可能です。

ただしサイズ変更手数料が発生することを覚えておくとよいでしょう。

端末がSIMロック解除可能か確認する

海外の携帯端末は基本的にSIMフリーですが、日本で販売されている携帯端末の中にはSIMロック状態のものもあります。格安SIMカードを使える状態かどうか確認しておくと安心です。

まとめ

この記事では日本の格安SIMカードについてご紹介しました。

日本で格安SIMカードを使う場合は、携帯端末がSIMフリーであることと、対応するSIMカードのサイズを確認しておくと安心です。

データ通信のみを行う場合はデータ通信専用、通話もSMS機能も必要な場合は音声通話機能つきタイプというように、用途に合わせて最適なSIMカードを選びましょう。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

We solve your worries in Japan! 🇯🇵

It only takes a one-minute questionnaire to help us find the right service for you!(Rental, Share House, Job, Mobile)

Agree to Privary Policy

関連記事