【日本社会の考え方を理解】報連相とは?意味や例文をご紹介

7/21/2021 最終更新

報連相という単語を知っていますか?報連想はほうれんそう(hourensou)と読みます。読み方だけでは、野菜を意味していると勘違いする人も多いのではないでしょうか。今回は報連相の使い方や読み方をご紹介します。これを読めば報連相の意味や使い方を理解できますので、ぜひ読んでみてください。

報連相(hourensou)の意味は?

報連相は「報告」「連絡」「相談」の3つの文字の頭文字をとっています。この3つは日本のビジネスを進めていくうえで大切な考え方です。

英語では、報連相は下記の意味となります。

報告…report

連絡…connect、 contact

相談…consult

日本語での報連相の報告、連絡、相談の意味を以下の記載します。

報告…部下が上司の指示に取り組みつつ、途中経過を報告すること。

連絡…自分の意見や憶測を含めない関係者への状況報告。

相談…自分だけで業務上の判断が困難なとき、上司に意見をきくこと。

引用:Weblio辞典 https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E5%A0%B1%E3%83%BB%E9%80%A3%E3%83%BB%E7%9B%B8_%E5%A0%B1%E3%83%BB%E9%80%A3%E3%83%BB%E7%9B%B8%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

報連相は、日本で働くビジネスパーソンであればほとんどの人が知っているでしょう。特に新入社員に教えられる心得の一つでもあります。

報連相(hourensou)の類語

報連相の3つの言い換え表現をご紹介します。報連相の言い換え表現は以下の通りです。

「報告」「連絡」「相談」の三つが合わさった造語となります。ここではそれぞれ3つの単語の類語をご紹介します。

報告:注進 連絡

引用:Weblio辞典 https://thesaurus.weblio.jp/content/%E5%A0%B1%E5%91%8A

連絡:伝達 伝える 知らせる 申し伝える

引用:Weblio辞典 https://thesaurus.weblio.jp/content/%E9%80%A3%E7%B5%A1

相談:話しあう 話し合い 談合

引用:Weblio辞典 https://thesaurus.weblio.jp/content/%E7%9B%B8%E8%AB%87

報連相(hourensou)の利用で注意すること

報連相(hourensou)を利用するときに注意することは特にありません。日本のビジネスでは、基本となる用語ですので積極的に利用していきましょう。

報連相(hourensou)のビジネスシーンでの利用例

報連相(hourensou)のビジネスシーンでの利用例(1)

上司が部下に、報告・連絡・相談をすることを徹底してほしいとき

私はあなたにこまめに報告し、連絡し相談することを徹底してやってほしいです。
→私はあなたにこまめに報連相をしてほしいです。

報連相(hourensou)のビジネスシーンでの利用例(2)

今回の業務で心がけたことを伝えたいとき

今回の業務では、報告や連絡、相談を大切にしました。
→今回の業務では、報連相を大切にしました。

まとめ

今回ご紹介した大事なポイントをご紹介します。

  • 報連相は「報告」「連絡」「相談」の3つから成り立っている。
  • 報連相は、日本のビジネスを進めるうえで大切な考え方である。
  • 報連相の利用で注意することは特にない。

報連相の考え方は、日本社会で働くためにぜひ大事にしていただきたい考え方です。今回は、報連相の使い方や類語、また使い方の注意や例文をご紹介しました。ぜひ、報連相の考え方や使い方を知って、実際のビジネスシーンで利用してみてください。

Housing Support 🏠

Goandup provides room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Contact us

関連記事