【読めば理解できる】ノルマの意味とは?類語や例文をご紹介

8/2/2021 最終更新

「あー今日のノルマは達成できなかった!」

「今月のノルマは15件かあ!」

このような会話を聞いたことはないでしょうか。ノルマは、日本のビジネスシーンでよく使われる単語です。営業職や販売職の方は、ひんぱんに使うので必ず覚えておきましょう。今回は、ノルマ(noruma)の意味や、類語、ビジネスシーンでの例文をご紹介します。この記事を読めば、「ノルマ」の単語をビジネスで使用できるようになるでしょう。

ノルマ(noruma)とは?

ノルマの由来は、ロシア語の「norma」からきています。第二次大戦後のシベリア抑留者が伝えた語とされています。由来について気になる人は詳しく調べて見ると単語の意味も頭に入りやすくなるでしょう。

日本語でのノルマの意味は以下の通りです。

1. 一定時間内に果たすよう個人や集団に割り当てられる標準作業量。第二次大戦後のシベリア抑留者が伝えた語。
2. 各人に課せられる仕事などの量。「ノルマを果たす」

出典:Weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E

ノルマを英語で言い換えた場合は「a work [production] quota」と表せられます。

ノルマ(noruma)の類語・言い換え表現

ノルマの言い換え表現は、「割り当て」「クオータ」と言い換えが可能です。

クオータは、英語のquotaから来ています。クオータという類語は日本のビジネスシーンではあまり使用することがありません。

ノルマ(noruma)の利用で注意すること

ノルマの利用で注意することは特にないでしょう。社内の会話では、ひんぱんに出てくる場合もありますので、思いきって使っていきましょう。

ノルマ(noruma)のビジネスシーンでの利用例

ノルマは、物を売るときや、生産する際の目標値など、仕事でよく使います。ビジネスシーンでの利用例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

ノルマのビジネスでの利用シーン(1)

今月の契約について話すとき

今月の契約目標は20件です。
→今月の契約ノルマは20件です。

ノルマのビジネスでの利用シーン(2)

同僚に割り当てについて話すとき

目標を達成するために、僕はある取り組みをしています。
→ノルマを達成するために、僕はある取り組みをしています。

まとめ

ノルマについて覚えていただきたいポイントを以下にまとめます。

  • ノルマは、ロシア語の「norma」が由来となっている。
  • ノルマは、各人に課せられる仕事などの量の意味がある。
  • ノルマの類語は、「割り当て」「クオータ」がある。
  • ノルマの使用で注意することは特にない。

ノルマは、日本のビジネスシーンで、よく使われるので意味をおさえておいてください。今回は、ノルマ(noruma)の意味や、類語、また例文について紹介しました。「ノルマ」の単語を使って、ビジネスパーソンと円滑にコミュニケーションをとってください。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事