「バタバタ」の意味と使い方、ビジネスシーンでの例文も紹介

7/28/2021 最終更新

「バタバタ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?おなじ音をくりかえすこのことばはどんなときに使われるのでしょうか。この記事ではビジネスシーンで使われる「バタバタ」の意味や使い方、ビジネスシーンの会話で使う場合の例文をしょうかいします。

「バタバタ」の意味

「バタバタ」とは、忙しいようすや、落ち着かないようすを表します。

日本文化である歌舞伎にゆらいするようです。気になる方は調べてみてください。

「バタバタ」を使った例文

忙しいじょうたいをせつめいするときにバタバタという言葉が使われます。

彼は今、バタバタしているようです。

誰かが忙しそうに動き回っているときなどに、その様子を伝えている表現です。

忙しいことをせつめいするときに使いますが、はっきりと「忙しいです」と言ってしまうと、相手に気を使わせてしまうため、この「バタバタしている」というすこしくだけたひょうげんを使う人が多いです。

しかし、この「バタバタ」はじょうしに使うのはやめておいたほうがよいでしょう。ていねいな言葉づかいをしなければならないときは、この「バタバタ」ではなく、「たてこんでいる」「たてこむ」ということばをつかうとよいです。

こちらはたくさんのしごとを一度にやらなければならなくなってしまい、忙しいじょうたいをひょうげんしています。

バタバタしていて遅れました

待ち合わせに遅れたときや何か他の用事があって遅れたときにつかうことができます。この言葉の後に謝罪の言葉もあわせて伝えるようにしましょう。

こちらの例のように、「バタバタ」はふだんから仲良くしている人とはなしている時に使うのはもんだいないので、いそがしくなってしまったときは使ってみましょう。

英語で「バタバタ」

「バタバタ」という音ではなく、「忙しい」という意味を表したことばとしては、以下のような英語表現が近いでしょう。

  • be busy
  • be swamped
  • be tied up
  • be hectic / have a hectic

まとめ

この記事では「バタバタ」という言葉の使い方をしょうかいしました。

「バタバタ」とは忙しいじょうたいをせつめいしたくだけたひょうげんです。

みなさんが仕事になれて、ほかの人から仕事をたのまれるようになったとき、もしかしたらたくさんの仕事をたのまれてしまい忙しくなってしまうかもしれません。

そんなときは、まわりの人に「いまバタバタしていて」とせつめいしたりたすけをもとめて、まわりとたすけあって仕事をおわらせるようにしましょう。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事