【5分で理解】ブレストの意味は?使い方や例文をご紹介

6/22/2021 最終更新

ブレストの意味を知っていますでしょうか。ブレストは英語でもよく使われる、ある単語の略語です。日本のビジネスシーンでよく使われることばであるため、覚えておいてそんはないでしょう。今回は、ブレストの意味から使う時の注意点、ビジネスシーンでの例文をご紹介します。これを読めば、ブレストの意味や使い方について理解できるでしょう。

ブレストの意味とは?

ブレストの意味は、ブレインストーミングが由来となっています。英語ではbrainstormingと書きます。ここで、英語でのbrainstormingの意味を確認しておきましょう。

《会議などで各人が自由に考えを出し合って問題を解決したり,アイディアを生み出したりする創造能力開発法》.

出典:Weblio 英和辞典・和英辞典 https://ejje.weblio.jp/content/brainstorming

もともとは、アメリカの実業家アレックス・F・オズボーンによって生み出されました。会議などで使われる手法で、ぎだいについて、自由に話し合い、より良いかいけつ法やアイデアを見つけだしていくために使われます。

ブレストの言い換え表現

ブレインストーミングの略語である、ブレストは下記のように、日本語で言い換えができます。ブレストと略さずに、ブレインストーミングと言うことも多いです。会議やセミナーなどでよく使われる言葉なので覚えておきましょう。

  • ブレインストーミング
  • 意見交換
  • フリーディスカッション
  • 自由討論
  • フリートーク

「ブレスト」の利用で注意すること

ほかの単語では、日本語表現によっては目上の人に使ってはいけない単語があります。しかし、ブレストに関しては、単語の使用で注意する点はありません。ぜひビジネスシーンで積極的に使っていきましょう。

「ブレスト」のビジネスジーンの利用例

英語のbrainstormingと同じ意味で使われます。念のため、日本語でのビジネスシーンでの利用例を記載しますので参考にしてください。

ブレストのビジネスでの利用シーン(1)

会議で意見交換をうながしたい場合

では、この案件について意見交換しましょう。
→では、この案件についてブレストしましょう。

ブレストのビジネスでの利用シーン(2)

セミナーでアイデアだしをする場面で使う場合

今日のセミナーでは、アイデア出しを多く行います。
→今日のセミナーでは、ブレストを多く行います。

まとめ

今回のブレストについて紹介した大事なポイントをいかにまとめます。

  • ブレストとは、英語のbrainstormingが由来となっている。
  • brainstormingは、アメリカのアレックス・F・オズボーンが生み出した言葉である。
  • ブレストは、「意見交換」「アイデアだし」と言い換えができる。
  • ブレストの使用について特に注意する点はない。
  • 会議やセミナーなどの場面でよく使われる。

ブレストは、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。英語のbrainstormingと同じ意味で使われますので、日本語での使用シーンもイメージしやすいでしょう。今回は、ブレストの意味や由来、日本語表現また、ビジネスシーンでの利用例についてご紹介しました。日本語で使える表現を一個ずつ覚えていきましょう。

Housing Support 🏠

Goandup provides room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Contact us

関連記事