【すぐ分かる】キャパシティの日本語の意味は?使い方を紹介

6/22/2021 最終更新

「キャパシティ」や「キャパ」と言った日本語は、ビジネスシーンのみならず日常会話でも使うことがあります。一度使い方を覚えると、多くの場面で使用できるので覚えておきましょう。今回は、キャパシティの意味や言い換え表現、使い方の例文などをご紹介します。これを読めば、キャパシティの単語が日常で使えるようになるでしょう。

キャパシティの意味とは?

キャパシティは、英語の「capacity」と同じ意味で使われます。日本語でのキャパシティは、キャパと略して使われることが多いです。

念のため英語のcapacityの意味を確認しておきましょう。

収容能力、最大限の収容力、容積、容量、包容力、度量、才能、(…の)知的能力、理解力、力

出典:Weblio英和辞典・和英辞典 https://ejje.weblio.jp/content/capacity

物や部屋に対して収容力をこえている場合や、人に対して知的能力や理解力を超えているという意味にも使われます。

キャパシティの言い換え表現

日本語でのキャパシティの言い換え表現は以下のようになります。

  • 定員
  • 機能
  • 力量
  • 実力
  • 腕前
  • 容量

キャパシティの利用で注意すること

キャパシティは、「キャパ」と略して使われることが多いです。しかし、略した言葉を使うと、くだけた言い方になってしまいます。そのため、ビジネスシーンや目上の人と話す時は、キャパシティと略さずに使うのが望ましいでしょう。

キャパシティのビジネスジーンの利用例

英語での「capacity」と同じ意味で使用されます。念のため、日本語でのビジネスシーンでの利用例をご紹介します。

キャパシティのビジネスでの利用シーン(1)

ある会議室の収容人数を聞きたいとき

ここの会議室の収容人数を教えてください。
→ここの会議室のキャパシティ(キャパ)を教えてください。

キャパシティのビジネスでの利用シーン(2)

仕事が手一杯で新しい仕事を増やせないことを伝えたいとき

今の仕事が手一杯で、新しい仕事を増やす自身の容量がありません。
→今の仕事が手一杯で、新しい仕事を増やすキャパシティ(キャパ)がありません。

まとめ

今回ご紹介したキャパシティについての大事なポイントをいかにまとめます。

  • キャパシティは、英語の「capacity」と同じ意味である。
  • キャパシティの意味は、「収容能力」「度量」「才能」といった意味がある。
  • キャパシティは、キャパと略して使われることも多い。
  • キャパという略語は、くだけた言い方になるので目上の人や取引先には使わないようにするのが望ましい。

今回は、キャパシティの意味や日本語での言い換え表現、また使用で注意することや例文についてご紹介しました。キャパシティは、ビジネスシーンのみでなく日常会話でもよく使われる言葉です。ぜひ、使い方を覚えてさまざまな場面で使用していきましょう。

Housing Support 🏠

Goandup provides room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Contact us

関連記事