【使えるようになる】もんでの意味は?使い方や例文をご紹介

7/12/2021 最終更新

日本語の「もんで」の使い方を知っていますか?

もんでは、ビジネスシーンで使われることがあります。もんでというと、肩をもむやマッサージをする意味で肩をもむという使い方を想像する人が多いでしょう。

しかし、ビジネスシーンでのもんでは、別の意味で使われます。今回は、「もんで」の意味や、類語、また使い方の注意点をご紹介します。例文もいくつか紹介しますので参考にしてください。この記事を読めば、ビジネスシーンで「もんで」を自然に使えるようになります。

もんで(monde)の類語や意味とは?

ビジネスシーンで使われる「もんで」は、肩をもむなどといった意味ではありません。取引先と、案件や仕事を検討したり調整したりするときに使われます。「もんで」の意味は以下の通りです。

  • 検討して
  • 調整して
  • 改良して

もんで(monde)の利用で注意すること

もんでは、取引先や、社外の関係者との間で使われることが多いです。社内で使用する場合には、同僚や目下の人にのみ使用するようにしてください。

また、若い人の中には、もんでという言葉を知らない人もいます。日本の社会人が全員もんでを理解しているとは限らないことを理解しましょう。

もんで(monde)のビジネスの利用シーン例

もんでのビジネスでの利用シーンをご紹介します。ビジネスシーンでの利用シーンを把握して、実際の業務で積極的に使用してみてください。以下に例文を記載しますので参考にしてください。

もんでのビジネスシーンでの利用例(1)

取引先から提示された案件について、社内で検討することを伝えたいとき

いただいた案件について、社内で検討させていただきます。
→社内でいただいた案件について社内でもんでおきます。

もんでのビジネスシーンでの利用例(2)

取引先から提示された案件の条件について、社内で話し合ったことを伝えたいとき

この仕事の条件について、社内で調整してみました。
→この仕事の条件について、社内でもんでみました。

まとめ

今回ご紹介したポイントを以下にまとめます。

  • もんでの言い換え表現は「調整する」「話し合う」といった意味がある。
  • もんでの利用で注意することは、取引先や社外の関係者などとの間で利用し、社内の人には、同僚や目下の人に使うようにする。

今回は、もんでの意味や、類語また利用するときの注意点についてご紹介しました。ビジネスシーンでの例文も参考にしていただき、ぜひ実際に使ってみてください。

Housing Support 🏠

Goandup provides room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Contact us

関連記事