【意味もよく分かる】トップダウンとは?類語や例文をご紹介

8/2/2021 最終更新

トップダウンという単語を聞いたことはありますか?会社の組織のこうぞうを表す言葉です。意味を知っているとビジネスを進めるうえで有意にはたらくでしょう。今回は、トップダウンの意味や、類語、例文をご紹介します。これを読み終われば、トップダウンの単語が正しく使えるようになっているでしょう。

トップダウン(top-down)の意味とは?

トップダウンは、組織のこうぞうを表す言葉です。一度は耳にしたことのある人も多いのでは。ないでしょうか。

トップダウンの意味は以下の通りです。

トップダウンとは、組織・構造・構成の上位に位置する部分から下位へ向かって、あるいは全体から細部へ向かって、手続きを進める方式のことである。

組織の意思疎通・意思決定においては、上層部で意思決定が行われ、上層部の決定に従って下位(現場)が行動・判断する方式をトップダウンと呼ぶ。組織の意思決定におけるトップダウンは「上意下達」とも呼ばれる。

出典:Weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3

トップダウンとは反対の意味をなす「ボトムアップ」という単語もあります。ボトムアップとは、反対に「下からの意見を吸い上げて全体をまとめていく管理方式」という意味があります。

トップダウンは、英語では「top-down」と書きます。

トップダウン(top-down)の類語・言い換え表現は?

トップダウン(top-down)の類語または言い換え表現は以下の通りです。

・上意下達
・上からの命令で動く
・専制

出典:Weblio類語辞典 https://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3

トップダウン(top-down)の利用で注意すること

トップダウンの利用で注意することは特にありません。

トップダウン(top-down)のビジネスシーンの利用例

トップダウンのビジネスシーンでの利用例をご紹介しましょう。組織の性質を表す言葉であるうえに、ひんぱんに使用することは少ないでしょう。

トップダウン(top-down)のビジネスシーンでの利用例(1)

ある課の組織の構造について話すとき

営業課の優秀なリーダーは、上意下達である。
→営業課の優秀なリーダーは、トップダウン方式だ。

トップダウン(top-down)のビジネスシーンでの利用例(2)

取引先からの案件の依頼について回答するとき

弊社は上意下達なので、この案件については社内でご検討させていただきます。
→弊社はトップダウンなので、この案件については社内でご検討させていただきます。

まとめ

トップダウン(top-down)の重要なポイントについては以下の通りです。

  • トップダウンの意味は「上層部で意思決定が行われ、上層部の決定に従って下位(現場)が行動・判断する方式」である。
  • トップダウンは英語で「top-down」と言い換えられる。
  • トップダウンの類語は「上意下達」「上からの命令で動く」などである。
  • トップダウンで特に注意することはない。
  • トップダウンの反対の意味に「ボトムアップ」という言葉がある。

トップダウンは、会社の構造を表す言葉で意味を理解しておくことは重要です。今回は、トップダウンの意味や、類語、例文をご紹介しました。ぜひ使い方を覚えて使ってみましょう。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事