【5分で分かる】スキームの意味とは?使い方や例文をご紹介

6/10/2021最終更新

スキームという言葉の意味を知っていますか?スキーム(scheme)という単語は、英語にもありますが、日本語とは意味がちがいますので注意が必要です。今回は、日本語でのスキームの意味や、正しい使い方や例文についてご紹介します。スキームを使いこなしたい方はぜひ読んでみてください。

「スキーム」の意味とは

スキームの意味は、英単語のschemeが由来となっています。ここで、英語のschemeの意味について確認しておきましょう。

(注意深くねられ組織だった)計画、案
(政府・会社などの公式な)事業計画
(悪い)たくらみ、陰謀、策動、たくらみ、
組織、機構、体系

出典:Weblio英和辞書 https://ejje.weblio.jp/content/scheme

日本語でのスキームは、「枠組み」「計画」「アウトライン」という意味で使われます。

英語と違い、日本語でのスキームは「たくらみ」や「いんぼう」といった意味では使いませんので覚えておきましょう。

「スキーム」の日本語表現

日本語でのスキームは、下記のように言い換えができます。多くの言葉があることを覚えるためにも参考にしてみてください。

  • 要約
  • 概要
  • 計画
  • アウトライン
  • 仕組み
  • 枠組み
  • おおむね

「スキーム」の利用で注意すること

スキーム(scheme)は、英語ではたくらみやいんぼうといった意味を持ちます。英語と日本語で使うシーンが異なる場合がありますので、意味の違いに注意して使用しましょう。

日本語での使用に慣れてしまい、英語のschemeを使用する際に誤った場面で使うことがないようにしてください。

「スキーム」のビジネスでの利用シーン例

スキームをビジネスで利用する際の例文をご紹介します。スキームはビジネスのさまざまなシーンで活用ができます。

スキームのビジネスでの利用シーン(1)

業務の概要について相手にやって欲しいことがある時

この仕事について、概要だけでも仕上げてきてください。
→この仕事について、スキームだけでも仕上げてきてください。

スキームのビジネスでの利用シーン(2)

会議である事業の計画について説明するとき

今回の会議では、事業の計画について説明します。
→今回の会議では、事業のスキームについて説明します。

まとめ

今回ご紹介した中の大事なポイントは以下の通りです。

  • スキームの由来は、英語の「scheme」から来ている。
  • スキームは、「概要」「計画」「アウトライン」といった意味がある。
  • 英語では「たくらみ」「いんぼう」といった意味があるため、英語での使い方に注意する。

スキームは、ビジネスでよく使うきかいが多いでしょう。ビジネスでは、仕事で業務の概要や、アウトラインを考えることは多いです。スキームの使い方を覚えて、ビジネスシーンで積極的に使ってみてください。今回は、スキームの意味や使い方の例文についてご紹介しました。多くの日本語を覚えて使える単語を増やしていきましょう。

For Job Seekers

Would you like to receive free interview practice and resume correction by a native Japanese speaker? Join the Facebook group.

Join group