日本語特有の表現を理解!「出世払い」の意味と使い方

7/28/2021 最終更新

「出世払い」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?「しゅっせばらい」と読みます。このことばは、どのようなときに使われるのでしょうか。この記事ではビジネスシーンで使われる「出世払い」の意味や使い方、ビジネスシーンの会話で使う場合の例文をしょうかいします。

「出世払い」の意味

「出世払い」とは、出世またはせいこうしてからしゃっきんをかえすことです。また、その約束じたいを指すこともあります。

「出世」という言葉は、社会てきに高い身分や地位をえることを表します。会社のなかでは、しょうしん、しょうかくすること、ともいいかえられます。じょうしやリーダーのポジションにつくことです。

「出世払い」を使った例文

ビジネスシーンでも使うことがあるかもしれませんが、仲のいい人どうしで使われることがおおいかもしれません。

出世払いにしてください。

部下から上司に対してや、友達同士で、何かお願い事をした際やトラブルを解決してもらったときなどにつかいます。

今はお礼できなかったり、自分の力ではどうにもできないとき、「いつか成長して返す」という気持ちを込めて使うのが望ましいでしょう。

出世払いでいいよ。

ほかにも、上司から部下にたいしてつかわれることです。取引先と、仕事のかいぎやはなしあいで使われることはほとんどないでしょう。

また、さいきんではお金を借りるのではなく、「おごる」「代わりに払う」というときにも使われます。

返す日がはっきりと決まってない言葉なので、たとえば相手にお金を使わせたくないとき、「おごる」という言葉を使うよりも相手にうけいれられやすいのです。高い身分になったら返してね、という意味ですが、成長を祈る気持ちを込めて使われるケースが多いです。

「出世払い」を英語で言うと?

「出世払い」は日本語特有のことばで、これに代わる直接的な英語表現は存在しないようです。

少し長い文章となりますが、以下のように言い換えることができます。

  • Pay me back when you’ve made it big.
  • Promise to pay up in the future when one succeeds in life.

まとめ

このきじでは「出世払い」の意味や使い方をしょうかいしました。

この「出世払い」という言葉は仲のいい人どうしで使われるので、もし「出世払い」をおねがいしたいときは、はじめて会う人にたのむのはやめておきましょう。

あなたの成長や成功をねがっている人が言ってくれることが多いことばです。もしも仕事で部下をもつことができ、その人におごりたいときは「出世払いでいいよ」などと言ってみるのもいいでしょう。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事