外国人採用の際に必要な在留カード照会とは?

2021/6/23 最終更新

在留カードは、日本に滞在する外国人向けに交付されるカードとなります。名前、住所、就業内容など個人情報が細かく記載されているものです。個人情報が満載なので、詐欺や悪質な犯罪に利用されることも珍しくありません。

今回は在留カードの照会について、詳しく解説します。特に外国人の方を採用する雇用担当者の方は必見です。是非、今回の記事を読んで、在留カードの照会について学んでいただきたく存じます。

在留カードの照会を行う方法

在留カードを確認する際には、下記のポイントを意識します。

  • 法務省入国管理局にて照会を受ける
  • 偽変造防止対策がされているかどうか

在留カードをきちんと確認するためには上記の2点が必須です。

ここから詳しく解説していきます。

法務省入国管理局サイトにて確認する

世の中では、偽変造在留カードが存在しているので、不正利用を防ぐために照会することが大事です。入国管理局のサイトには、在留カードに失効や異変がないか照会できるページがあります。そちらのページを活用しましょう。

https://lapse-immi.moj.go.jp/ZEC/appl/e0/ZEC2/pages/FZECST011.aspx

具体的には上記のページにて、在留カード番号と有効期間や年月日を入力して、在留カード番号が有効か確かめます。打ち込む情報なども少なく、手短に照会できるので便利です。

偽変造防止対策がされているかどうか

在留カードには、偽変造防止の対策が細かくされています。下記の方法でチェックすると、すぐに確認できるのでおすすめです。

・カードを上下方向に傾けると「MOJ」の文字の周りがピンクからグリーンに変化するか確認

・カードを左右にずらして、「MOJ」のホログラムが立体的に動くか確認

・銀色のホログラムの部分を90°変え、文字の白黒が反転するか見る

・暗い所で、カードの表に光を当てて、「MOJMOJ・・・」の文字が見えるか確かめる。

上記の4つの方法で全て照会して問題が無い場合、偽変造されている可能性は低いので安心です。

在留カードを照会する理由

失効してしまった在留カードを更新するため

照会する理由としては、失効してしまった「失効してしまった在留カードを、外国人に更新させる」などが挙げられます。在留カードが失効してしまうと効力を発揮できなくなるので、採用や、労務管理にも使えなくなってしまいます。ですから、失効してしまった在留カードを照会して、更新することが大切です。

不法就労を防ぐため

採用した外国人労働者が在留カードを失効させたままだと、不法就労になってしまいます。雇用している側も、そのままだと不法雇用となってしまうので注意です。そのようなトラブルを防ぐために、外国人労働者の在留カードは照会して、管理することをおすすめします。

最近ではアプリでも偽造の確認ができる!

最近では、在留カードの偽造を「ビザマネ」というアプリで簡単に照会できます。使い方としても、非常に簡単なのでおすすめです。手順としては下記のようになります。

  1. アプリを各種ストアからインストールする
  2. アプリを用いてカメラを在留カードにかざす
  3. チェック完了

データをCSV形式で書き出すことも可能なので、外国人労働者を採用担当する方にとっても重宝します。

専門家に相談する

もし、ご自身での確認やアプリでの確認に不安がある場合は、行政書士などの専門家に相談するのがおすすめです。相手もプロなので、より早期の問題解決に繋がります。

今回の記事では、外国人採用の際に必要な在留カードの照会についてご紹介いたしました。

照会方法や注意点も詳しく記載しているので、参考にされてください。最後に本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • 外国人労働者は失効した在留カードのままだと、不法就労になるので注意
  • きちんとサイトや、アプリなどの方法を駆使して在留カードを確認する
  • もし、不安な場合は行政書士などの専門家に頼ることもおすすめ

国内では、外国人労働者が多く雇用されており、採用する企業や団体も増えています。しかし、きちんと在留カードの照会や、管理をしないと不法雇用となるので注意が必要です。

在留カードは簡単に照会できます。トラブルを未然に防ぐためにも、必ず忘れずに照会すべきです。外国人採用担当者の方は、特にお気をつけください。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事