外国人採用に欠かせない在留資格認定証明書とは?

2021/6/23 最終更新

企業のグローバル化や事業拡大が進んでいる昨今。海外から優秀な人材を招きたいと考えている採用担当者の方も多いのではないでしょうか?

そんな外国人採用において欠かせないのが「在留資格認定証明書」です。

本記事ではこの在留資格認定証明書の申請手続きの流れや、注意点について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも在留資格認定証明書とは?

Confused and pensive expression of a black boy with many questions . cyan colored background

「在留資格認定証明書」とは、日本への入国を希望する外国人に対して法務省から交付される証明書のこと。

この在留資格認定証明書をもって外国人が自国の日本大使館などに申請をすると、ビザ発給が短期間で完了します。直接ビザを取るよりもはるかに早く手続きが完了するはずですよ。

海外に住んでいる外国人を日本に招いて雇用する場合において、ビザの発給や日本への入国をスピーディーに行いたい企業にとって欠かせないものだということを認識しておきましょう。

在留資格認定証明書の申請〜ビザ発給の流れは?

Employee looking through visa application, deportation document checking

在留資格認定証明書の申請〜ビザ発給までの流れは以下のとおりです。

  1. 書類の作成
  2. 地方出入国在留管理官署に申請
  3. 在留資格認定証明書の交付
  4. ビザの申請
  5. 入国

それでは一つずつ確認していきましょう。

STEP1.書類の作成

まずは申請するための書類を作成します。

外国人自身が申請手続きを行うこともできますが、受け入れる日本の企業が代理で申請を行うのが一般的です。

法務省のホームページから活動の内容に応じた在留資格認定証明書申請書をダウンロードし、必要事項を記入しましょう。

記入する項目が非常に多いので、不安な方は相談窓口を利用するのがおすすめです。手続きに関する一般的な相談にも対応してくれるので、一度問い合わせてから作成すると安心ですよ。

申請時には外国人本人の写真や返信用封筒、また受け入れ企業の法人登記簿謄本など、さまざまなものが必要になるので事前にしっかりと用意しておきましょう。

STEP2.地方出入国在留管理官署に申請

書類を作成したら、受入れ機関の所在地を管轄する地方出入国在留管理官署に申請しましょう。

申請から交付までに1〜3ヶ月程度かかるため、入国の3ヶ月前には申請しておくことをおすすめします。

STEP3.在留資格認定証明書の交付

入国管理局から在留資格「認定」の許可が出ると、申請時に提出した返信用封筒に在留資格認定証明書が同封され、代理人の元に届けられます。

この在留資格認定証明書をもって外国人本人がビザを申請するので、届いたらすぐ本人に送付するようにしましょう。

このときにEMS(国際スピード郵便)などを利用して、紛失しないような方法で送付することをおすすめします。

STEP4.ビザの申請

在留資格認定証明書を受け取った外国人は、在外公館に提出してビザの発給を申請しましょう。

発給のスピードは在外公館によって異なりますが、不備がなければ大体1週間で審査が完了することが多いようです。

ただ場合によってはもう少し時間がかかることもあるので、なるべく早く申請し、スケジュールには余裕を持っておくと安心です。

STEP5.入国

無事にビザが発給されたら、いよいよ入国です。

在留資格認定証明書の有効期限は3ヶ月なので、交付を受けたら速やかに入国しましょう。

特に不備がなければ短時間で入国できるはずですよ。

法務省:在留資格認定証明書交付申請
http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html

在留資格認定証明書の申請にかかる費用は?

Focused young Caucasian woman work on laptop manage household finances expenditures. Concentrated economical millennial female calculate family budget on calculator, make payment on computer online.

在留資格認定証明書の申請には、特に手数料などの費用はかかりません。

申請時に提出する返信用封筒代や、書類の収集にかかる諸経費だけです。

ただし行政書士などに代行して手続きをしてもらう場合はこの限りではありません。大体10万円前後かかるのが一般的です。

在留資格認定証明書が必要になるのはいつ?

silhouette of woman in airport traveling with luggage suitcase, travel and tourism concept, airplane tickets

在留資格認定証明書が必要になるタイミングは、来日の際です。

日本の空港や港で在留資格認定証明書とビザを提示することで、パスポートに上陸許可の証印が押印されます。また在留資格と期限が明記され、在留カードの発行が受けられます。

来日のタイミング以外で特に必要になることはないでしょう。

在留資格認定証明書の申請が許可されないこともある?

在留資格認定証明書の申請をしたとしても、記入事項に不備があったり提出書類が不足していたりすると、もちろん申請は許可されません。

不許可になったとしても再度申請することはできますが、何が原因なのかを突き止めないとまた同じことの繰り返しになってしまいます。

もし不許可の理由に心当たりがない場合は直接提出した地方入国管理局に問い合わせてみましょう。

また、行政書士に申請手続きを依頼するのも一つの手。必要な書類や記入事項について熟知しているので、自信がない方はぜひ依頼してみてくださいね。

まとめ

海外から外国人招く場合に欠かせない「在留資格認定証明書」について解説しました。

書類の準備などは少々手間に感じてしまうかもしれませんが、外国人をスムーズに受け入れるためには必要な手続きとなります。

外国人を受け入れる予定がある採用担当者の方は、ぜひ本記事を参考にして準備をしてみてくださいね。

お部屋探しはGoandupにご相談ください!

Goandupでは、外国人の方向けに日本のお部屋探しをサポートしています。お気軽にご連絡ください。

Free Housing Support 🏠

Goandup provides complimentary room search support for foreigners who are looking for a place to live.

Agree to Privary Policy

関連記事