韓国人を採用する時に知っておきたいメリットや注意点とは?

4/14/2021最終更新

韓国人人材は優秀な人が多く、日本での就職を希望する人も増えているので、採用を検討している企業も多いのではないでしょうか。この記事では、韓国人を採用する時に知っておきたいメリットや注意点を解説します。

就職難で日本での就職を目指す韓国人が急増

韓国は若者の失業率が高く、一流大学を出ても大企業に就職できない人が増えています。韓国政府はこの状況を改善するために、若者の海外での就職を支援する政策を打ち出しています。

このような背景もあり、近年は日本での就職を目指す優秀な若い韓国人が増えています。日本は少子化でこれから若い人材が不足するので、優秀な韓国人を採用することが今後ますます重要になるでしょう。

韓国人を採用するメリット

韓国人を採用するメリットとしては、日本の環境や風習を受け入れやすく、日本語ができて日本好きな人が多い点があげられます。また、戒律の厳しい宗教を信仰している人が少ないのも採用しやすい点だといえます。

日本の環境や風習を受け入れやすい

韓国は同じ東アジアで日本と文化が似ているので、日本の環境や風習を受け入れやすいメリットがあります。

日本語ができる人が多い

韓国では中学・高校で日本語の授業を受けることができ、基礎的な日本語を知っている韓国人が多いのが特徴です。また、日本語能力試験を受けている韓国人も増えており、最高レベルのN1に合格している人も多くいます。

韓国人に日本語が得意な人が多いのは、韓国語と日本語は文法が似ており、発音の似た単語がたくさんあるのも関係していると思われます。

日本好きな人が多い

韓国では日本のポップカルチャーが浸透しており、日本のアニメや音楽、食文化に親しんでいる若者がたくさんいます。好きな日本に住んで働いてみたいと考える韓国人は多く、日本企業としては優秀な人材を採用するチャンスが多いといえます。

戒律の厳しい宗教を信仰する人が少ない

インドなどの東南アジアにも優秀な人材はいますが、東南アジアはイスラム教やヒンドゥー教など戒律の厳しい宗教を信仰している人が多く、採用にあたって宗教への理解を示す必要があります。

一方、韓国人は日本と同じように無宗教の人が多いので、宗教に特別な配慮をしなければならないケースはほとんどありません。

韓国人を採用する際の注意点

韓国人の人材を採用するのはメリットが多いですが、一方で注意点も考慮しておく必要があります。臆せず物を言う性格的な面や、上司より年上を敬う文化などは日本と微妙に違う点です。

また、韓国人に限らず外国人の採用一般に言えることですが、就労ビザの手続きはしっかり確認しておく必要があります。

臆せず物を言う人が多い

韓国人は日本人に比べると、臆せずストレートな物言いをする人が多いといわれています。そのため、日本人から見ると性格がきついと感じることもあるので注意しましょう。

上司より年上を敬う文化がある

上司や年上の社員を敬うのは日本も韓国も同じですが、韓国では上司よりも年上を敬う文化が強いといわれています。このため、年下の上司に対する接し方などで違和感を感じることがあるかもしれません。

韓国は昼食代が出る会社が多い

韓国の企業は、社員に昼食代を支給することが多いという特徴があります。もし採用した韓国人が日本でも同様だと勘違いすると、始めはとまどいを感じる可能性があります。

韓国人を採用する際は、日本の企業では昼食代は支給されないということを早めに伝えておくとよいでしょう。

仕事中の雑談を認める文化がある

韓国人は日本人に比べると、仕事中の雑談を比較的気にしないといわれています。韓国人を採用する際は、日本では仕事中の雑談は好まれないことを早めに伝えておくとよいでしょう。

反日感情を持つ人もいる

韓国は政府による反日政策・反日教育の影響もあり、日本に対して敵対的な感情を持つ人もいます。韓国人を採用する際は、反日感情についても考慮しておく必要があります。

ただし、最近の若い韓国人は反日教育に染まっていない人も多く、日本に対して友好的な感情を持つ人が増えています。

就労ビザを確認する

韓国人を採用するには、その人が就労ビザを取得しているか確認する必要があります。就労ビザは職種によって細かく分かれているので、違法就労になってしまわないようにビザの種類をしっかり確認することが大切です。

また、韓国人は他の外国人に比べて、特別永住者などの永住資格を持っている人が多いという特徴があります。永住資格を持つ韓国人を採用すれば、ビザに関する問題が発生することはなくなります。

韓国人の採用方法

韓国人を採用する方法としては、求人サイトやリファラル採用といった一般的な方法に加えて、転職イベントを活用する方法も考えられます。

求人サイトで採用する

求人サイトで韓国人人材の募集をかけて採用することができます。ただし、日本の求人サイトでは韓国在住の韓国人を採用するのは難しいので、その場合は韓国人人材に特化した人材紹介会社などを利用することになります。

リファラル採用を狙う

従業員の知り合いに優秀な韓国人がいる場合は、リファラル採用を狙うという選択肢もあります。日本には在日韓国人も多くいるので、日本人の従業員から韓国人の人材を紹介してもらえる可能性もあります。

転職イベントで採用する

韓国人人材と日本企業をつなぐ、転職イベントを利用して採用を狙う方法もあります。転職イベントは大手転職エージェントなどが定期的に開催しているので、情報をチェックして良さそうなイベントに参加してみるのもよいでしょう。

韓国人は文化や特徴が日本人と似ている部分が多いので、他の外国人に比べて採用しやすいのがメリットです。臆せず物を言うといった性格的な違いが出ることもありますが、企業としては採用しやすい外国人だといえます。

外国人採用 / 求人票開拓でお困りではありませんか?

Goandupは外国人OKの求人のみが集まる求人検索サイトです。外国人の人材紹介先を探している、外国人を採用したい企業の方の課題を解決いたします。

資料ダウンロードはこちら