飲食店の人手不足解消は外国人採用がカギ!雇用メリットや注意点を解説

3/7/2021最終更新

飲食業界では慢性的な人手不足が続いており、外国人採用が注目を浴びています。2019年に出入国管理及び難民認定法(以下入管法)が改正され、飲食業界でも外国人を正社員として雇用できるようになったことから、外国人採用が活発化しています。今回は飲食店で外国人を採用するメリットや注意点について解説します。

飲食業界が人手不足になっている原因

そもそもなぜ飲食業界は人手不足に陥っているのでしょうか?まずは飲食業界が人手不足になっている原因について解説します。

1.激務というイメージ

飲食店では、早朝から仕入れや仕込みをすることが殆どです。また、人件費を抑制するために掃除や片付けの業務も従業員がすることが多いです。お客様がいる間は掃除などはできないので、全てのお客様が退店してから行うことになります。このような営業時間以外の労働時間が長くなってしまうので、激務といういイメージを持たれています。

2.マルチなスキルが必要

飲食業界の仕事は簡単だと思われがちですが、実はマルチなスキルが必要になるため簡単ではありません。例えば、以下のような業務を平行してこなす能力が必要になります。

  • 客を案内しつつ電話に出る
  • レジを打ちながら発注を行う
  • 注文を取りながら料理の作成
  • 炒め料理や揚げ物などを同時に作る
  • 仕込みをしながら食器洗いをする

スタッフを豊富に用意している飲食店は少ないので、必然的に一人が様々な業務をこなすマルチなスキルを求められます。一つ一つは簡単な業務ですが、数をこなすと身体に負担がかかるため疲労度が大きいです。

3.過剰なサービス疲れ

日本ではお客様が神様であるという風潮が根強くあります。それをいいことに理不尽な要求やクレームをしてくるいわゆる「モンスターカスタマー」も中にはいます。こうしたお客さまへのサービスや、クレーム防止のためにサービスが過剰になってしまい、従業員が疲弊するケースが後を絶ちません。

4.シフトが不規則

飲食店ではシフト制が多く、混雑具合や突発的な欠員によって不規則なシフトになりがちです。とくにスタッフの数がギリギリの場合は、シフトの時間を過ぎても働くことになったり、閉店時間を過ぎてもお客様がいれば帰れないケースがあります。また、シフトは他のスタッフとの調整で決まるため、自分の思い通りのシフトにならないことが多いです。このように不規則になりがちな勤務やシフトの急な変更にうんざりしてしまい、スタッフが辞めるケースが多く見られます。

飲食店で外国人を雇用するメリット

飲食店で外国人を雇用することはさまざまなメリットがあります。

1.外国人のお客様に対応できる

外国人のお客様に対応できるようになります。外国語を話せるため、日本語を話せない外国人のお客様への接客で満足のいくサービスを提供できます。

2.若い人材を確保できる

外国人労働者は20代〜30代と若い人材が多く、習得が難しいとされる日本語を学ぼうとするるなど、自分のスキルアップへのモチベーションが高いことが特徴です。外国人労働者を

採用することで、意識の高い働き盛りの若い人材を確保できます。

3.異文化交流により職場を活性化できる

外国人スタッフの存在は日本人スタッフにとって、語学力の向上や異文化を学ぶことのできる良い機会です。お互いの国の文化に触れ合うことにより、相手の意見や考え方を尊重し、適切なコミュニケーションがとれるようになるため職場の活性化にもつながります。

飲食店で外国人を雇用する際の注意点

外国人雇用はメリットも多いですが、注意点もあるので気を付けておきましょう。

1.在留資格が必要

在留資格によってはその「活動」に制限がある場合があります。

以下の場合は、飲食店での勤務可能です。

  • 身分による在留資格(永住者、定住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等)
  • 特定技能

一方、以下の場合は調理業務やホールスタッフなど、飲食店で働くことはできません。

  • 技術・人文知識・国際業務
  • 技能

上記のように飲食店で働ける在留資格があるかどうかを、事前にしっかりとチェックすることが重要です。

2.日本の文化やマナーを教える

国によって文化やマナーが異なるので、まずは日本の文化やマナーを理解してもらいましょう。面接時に日本語スキルなどはある程度把握できますが、日本の文化や接客マナーは働きながら徐々に学んでいくものです。お店側も長い目でサポートする姿勢が重要です。日本特有のお辞儀や空気を読む文化など、外国人であれば戸惑いがちなものが多いので時間をかけて理解してもらうようにしましょう。

まとめ

少子高齢化による人手不足やさらなるグローバル化によって、飲食業界での外国人労働者の採用や雇用が活発化すると見込まれています。外国人労働者は若い人材が多く、モチベーションも高いため積極的に採用することで、優秀な人材の確保に繋がります。日本人だけだとマンネリになりがちな店舗運営も外国人スタッフの採用により活発化が見込めます。今回の記事が外国人雇用の参考になれば幸いです。

外国人採用 / 求人票開拓でお困りではありませんか?

Goandupは外国人OKの求人のみが集まる求人検索サイトです。外国人の人材紹介先を探している、外国人を採用したい企業の方の課題を解決いたします。

資料ダウンロードはこちら